ようこそ! 「にきびの予防と治療法」へ

肌タイプでにきびはできやすい

エアコンの効いた部屋に一日中いるなど季節や環境に応じてスキンケアを見直し、今の肌の状態に合わせて正しいケアをしていくことが大切です。?Aのノーマル肌は皮脂量と水分量のバランスがちょうどいい肌です。?Dオイリー肌は皮脂の分泌が多くにきびができやすいので余計な皮脂をしっかり落としましょう。

人によって、ドライ肌は皮脂量も水分量も少ないので肌が乾燥しやすいです。にきびができている部分以外の肌はどんな感じですか? 顔全体に皮脂が少なくカサカサしている乾燥も油っぽさもない、ちょうどいい感じ→ノーマル肌です Tゾーンは少し油っぽいが、ほかはかなり乾燥している→コンビネーション肌です Tゾーンは少し油っぽいが、ほかは少し乾燥している→オイリー肌です 顔全体がベタついていて油っぽい→ドライ肌です。 あなたの肌タイプをチェックしてみましょう。

肌が乾燥して、カサカサしている時は、保湿ケアを重点的に行いましょう。ただし、肌の状態を維持してにきびなどができないように気をつけましょう。それぞれにあわせたケアが必要です。

一般的には年齢を重ねていくにつれて角質層の保湿能力や皮脂腺の機能が低下していくため、乾燥肌になることが多いです。?B?Cのコンビネーション肌は皮脂が多いところににきびができやすくなります。


肌タイプでにきびはできやすいの関連サイト・ブログを紹介します。

にきび治療・保湿方法|にきび(ニキビ) にきび跡 にきび治療
近頃は脂性肌〓混合肌まで肌タイプに応じた化粧水などが市販されています(肌タイプについて )。 また、湿度が高く汗を ... ※基本的に脂性肌で にきび ができやすいという人は、 化粧水 だけでokです。 セラミド、尿素って? で述べていますが、最近では乳液や ...
nikibibaster.com/Hositu.html

にきびと内臓の関係
にきびと内蔵の関係に密接なものがあります。「肌は内臓の鏡」という言い回しがあるよう ... この2つもにきびができやすい場所だけに内臓との関連が ... 溜まった毒素や老廃物を排出することでにきび解消に効果をもらたすこともできます。にきび対策の際には ...
www.chezwick.com/nikibinaizo

にきび(ニキビ)ができやすい肌
オイリー肌の人になります。 ですが、体質は自分でコントロールできるものです。 食べ物に気をつけて、きちんとした生活を ... にきび(ニキビ)と肌タイプ にきび(ニキビ)ができやすい肌 にきび(ニキビ)の注意点 10代のにきび(ニキビ)
www.e-botz.com/04.html