ようこそ! 「にきびの予防と治療法」へ

にきびの予防

レーザー治療でにきびスッキリ

「アブレーション」は皮膚を削ってでこぼこになったにきび跡を改善します。腫れが引いて落ち着くまで2週間ぐらいかかってしまいます。赤色の光で炎症しているにきびや赤みを抑え、青〜緑色の光でにきび菌を死滅させます。レーザーによるにきびの治療方法はいくつかあります。 エステや皮膚科などの専門家による治療では、ビタミンC導入を始め機械を使ってにきびの治療をします。にきび菌を死滅させ、にきびによる赤みや膿を持...

程度の軽いにきび治療

早い段階で正しいケアを施して完治させておくほうがよいですね。夜はそのまま使用し、朝は上澄みだけを使用するという工夫も必要になります。皮脂の分泌には男性ホルモンの一つであるアンドロゲンが深く関わっているとされていますが、そこで女性ホルモンを内服してアンドロゲンの作用を抑えてしまおうというわけなのです。 にきびには、赤く腫れている炎症性のものと、皮脂が毛穴につまっているだけの非炎症性のものがあります...

にきびを治すためには

にきびが炎症を起こし始めているとさらに炎症をひどくしてしまいます。・日焼けをしないようにする紫外線があたっているなと感じたら、肌は自分で自分自身を守ろうとして表面の角質を分厚くします。特に便秘です。すると毛穴をふさぎ、にきびを悪化させます。 ・とにかく清潔にする顔はもちろん、身体にできた場合もきちんとしたケアが必要です。清潔にしたあとは顔と同じようにニキビケアの薬や化粧品をつけます。にきびがはれ...

レーザー治療でにきびスッキリ

「フラクセル」はレーザー照射で皮膚の表面にほんのわずか穴をあけ、古い組織と新しい肌を入れ替えるというものです。赤色の光で炎症しているにきびや赤みを抑え、青〜緑色の光でにきび菌を死滅させます。紫外線を避けて医師から処方されたとおりに薬を塗りましょう。他の治療法と比べて術後のケアをしっかりしなくてはなりません。 ・皮膚にレーザーをあてる・薬剤を塗る、または注入する・メスを使って形を整える、という方法...

炎症にきび治療には内服薬

外用薬の抗生物質には、ナジフロキサシンやクリンダマイシンが用いられ、軟膏、クリーム、ローションといったタイプがあります。どちらにしても、自己流のケアでにきびが悪化してしまった場合、皮膚が陥没してしまったり黒ずんでしまうなどのにきび痕が残ってしまうこともあり、こうなってしまうともう完全に治すのは難しくなってしまいます。にきびはその症状や程度の違いから、悩みの程度もさまざまです。適切に抗生物質を使う...

ケミカルピーリングは毛穴の汚れを除去する

酸を塗るのでケミカルピーリング中には少し肌表面がぴりぴりとひっぱられるような刺激を感じることもあります。ケミカルピーリングは、にきびの治療に効果があるとされている方法のひとつです。ただ、やけどのように状態になったり、真っ赤になって腫れ上がるということはありません。皮膚の表面に酸を塗り、角質に浸透させていきます。 ケミカルピーリングにかかる時間は、にきびの症状によっても異なりますが、準備から保湿ま...

にきびができてしまったら洗顔に注意

胸や背中に、にきびができたときも洗い方は基本的に顔と同じと考えていいでしょう。これで肌を清潔に保てます。大人のにきびの場合、洗顔のやりすぎは禁物なのです。メイクになじみやすいオイル状のものや泡立てて洗い流すクリームタイプのものです。特に日中メイクをずっとしていたら、夜は必ずきちんとクレンジングでしっかりメイクを落としましょう。 にきびができてしまったら、まずは肌を清潔に保つことを心がけましょう。...