ようこそ! 「にきびの予防と治療法」へ

にきび治療薬

にきび治療薬プロアクティブの注意点

にきびでお悩みのあなた。友達と向き合って話をする時、顔のにきびが不安ですね。 たかが、にきびと放っておいたりすると、だんだんひどくなってしまい、大切な顔のにきび跡はなかなか消えません。1日も早く治したいですよね。さらに、にきびで悩んでいると気分も晴れません。 お気持ちは、よくわかります。 だからと言って、話題性や人気だけでにきび治療薬を購入するのはちょっと待って下さい。 そもそも、あなたはにきびを...

アクネ菌の感染に注意

お化粧をする女性の方は、例えばファンデーションを塗るスポンジなど、どれくらいの頻度で洗浄していますか?週に1回洗っている人もいれば、ほとんど洗っていないという人もいると思います。にきびがうつる、というと少し響きが悪いですが、やはり他人のメイク道具を借りて使うことは避けたほうがよいですね。自分が使っているメイク道具も、とくににきびのできやすい部分に触れるスポンジなどは、3日に1度くらい洗うように習...

紫外線を防いでにきび予防

にきびはからだの中と外からの活性酸素によって発症、悪化するいわゆる活性酸素病なのです。だからこそ、にきびのできやすい肌には特にUVカット剤が必要になってきます。そして紫外線も活性酸素を生じるため、できたにきびが紫外線を受けると炎症を起こして赤にきびへと発展していまう可能性も出てきます。 南国で暮らす人々はにきびの発症率が高い、という話もありますが、紫外線が大きく影響しているということですね。UV...

にきび予防は洗顔と保湿

洗顔料は、油分の少ないものや、にきび用のものを使うとよいでしょう。つまりはにきびをつくらないようにすること、そしてもしにきびができてしまっても、痕を残さないようにすることが大切なのです。1日2回、朝と晩に行ない、汗をたくさんかいたりほこりで汚れた場合などは水洗いでもよいのでその都度洗い流すようこころがけてください。ここでは、にきび対策としての洗顔のポイントをいくつか挙げてみましょう。 石けんや洗...

良い睡眠でにきび予防

なぜ睡眠と肌状態と関係があるかというと、睡眠中に分泌されるホルモンの活動が盛んだからです。もう一つ睡眠で注意したいのは睡眠も規則正しいほうが肌にとっていい、ということです。バリア機能も回復し、肌のキメね整います。アロマオイルをたらして入浴したり、眠る前にストレッチをするなどリラックスして眠ると深い眠りにつくことができます。 できるだけ毎日きまった時間に眠るようにしましょう。眠ると成長ホルモン、プ...

白にきびと黒にきびを早めにケアしよう

きちんとしたスキンケアにこころがけ、にきびの悪化を未然に防ぎましょう。しかし、にきびにはいくつかの種類があり、症状も多彩です。次に「黒にきび」ですが、これは皮脂が空気に触れて酸化し、ほこりや汚れなどを吸着して毛穴の表面が黒く見えるものです。また、そのまま自然に治ってしまう場合もありますが、アクネ菌が毛穴にたまった皮脂を栄養にして繁殖してにきびを悪化させることもあるため、侮ってはいけません。 実際...

自分でできるにきびの予防

食事に関しては栄養バランスを考えて食べる、ということです。自分でできるニキビケアは「洗顔」と「食事」です。ビタミンB2とB6は食べ物に含まれる脂肪分の排出を促してにきびを緩和させてくれます。顔の中でTゾーンと呼ばれる部分が脂っぽいのはご存知ですよね。できてしまったにきびを悪化させずにすみます。 洗顔で大切なのは、毛穴に余分な皮脂を溜めずに、毛穴の出口をふさぐ角栓を作らないようにし、アクネ菌などの...

日常のにきび予防

排出できなかった分がむくみとなってからだに残ってしまいます。にきび体質を改善していくには、食事や生活リズムなどの生活習慣を変えていく必要もあります。まず食事についてですが、糖分を減らすことに気を配ってください。チョコレートやピーナッツなども、それを食べたからにきびができる、という確実な報告はされていないようです。 にきびを作らないためには、まず毛穴を詰まらせないこと、そしてにきびができにくい体質...

にきびは刺激を避けること

にきびをいじるつもりはなくても、頬杖をついたりするのも同様です。にきびができない目や唇には十分な化粧が可能なので、周囲の視線をにきびから逸らせるためにも積極的に行なってみてはどうでしょうか。化粧をする際は、油分が少なく、洗顔料で簡単に落とせるタイプのファンデーションを使うとよいでしょう。重ね塗りは、必要以上ににきびに触れないためにも、避けたほうがよいでしょう。 にきび対策としては、毛穴の詰まりを...

にきびにタバコは悪影響

たばこは末梢血管にも影響を与え収縮させてしまいます。またビタミンCは、古くなってつかいものにならなくなったコラーゲンを新しいものに置き換える役割も持っています。ビタミンCには抗炎症作用があるため、これが不足するとからだの各部で起きている炎症が抑えられなくなります。にきびも毛穴が起こしている炎症なので、ビタミンCが不足しているとその炎症を抑えるための手助けができなくなってしまいます。 たばこが肌に...