ようこそ! 「にきびの予防と治療法」へ

自分でできるにきびの予防

食事に関しては栄養バランスを考えて食べる、ということです。自分でできるニキビケアは「洗顔」と「食事」です。ビタミンB2とB6は食べ物に含まれる脂肪分の排出を促してにきびを緩和させてくれます。顔の中でTゾーンと呼ばれる部分が脂っぽいのはご存知ですよね。できてしまったにきびを悪化させずにすみます。

洗顔で大切なのは、毛穴に余分な皮脂を溜めずに、毛穴の出口をふさぐ角栓を作らないようにし、アクネ菌などの細菌を洗い流すことです。Tゾーンから洗ってみてください。洗顔は石けんなどを使って洗顔してにきび予防になります。両手を洗うときのように顔に当ててみてください。肌の健康のためにはビタミン、ミネラルをたくさん含む食品を摂りましょう。

ほんどの人は目元から頬のUゾーンを触りませんでしたか?最初に洗ったところをさいごにもう一度洗う癖もあるんだとか。実は洗顔の仕方でが原因かも。亜鉛は細胞の再生を促すのでにきびやにきび跡があるなら積極的に取りたい栄養素です。B6が多いのはバナナです。

にきびに限らず肌の健康を考えればおのずと食事バランスがとれ、結果的には体調全体がよくなります。このような栄養素が不足すると肌の新陳代謝、ターンオーバーが悪くなってにきびもひどくなってしまうことがあります。B2は魚、ほうれん草、牛乳などに多く含まれています。特にビタミンA、B2、B6、亜鉛は皮膚をつくるのに大きな役割をはたしています。


自分でできるにきびの予防の関連サイト・ブログを紹介します。

にきびの予防・対策
一般にホルモンの分泌が安定する20歳くらいになるとにきびは自然に消えていくことが多いのですが、大人になってからできる ... にきびの予防・対策について にきびとは、毛穴部分の炎症や化膿を ... 専門家に相談し、自分に合った対策・治療をするように ...
pcont18.papyucont2.com/pos_datafile1.html

大人にきびの予防とにきび跡のケア
にきび予防 にきびはいったん出てしまったら、なかなか治すのが大変でよね。 にきびのできる原因を取り除いて、肌の環境を改善することが ... 自分のにきびは何が原因かを知ることで、自分に適したにきび予防の方法を見つけることが、ニキビ予防では大切な ...
jpjup.epyon-jp.com/usa-nikibi/index.html

自分で出来る治療・予防 にきび跡治療塾〓背中もあごも原因対策 ...
にきび・にきび跡治療の第一歩として、自分でできる範囲の治療や予防を確実に行うということがあげられます。生活習慣を見直し、食事を改善し、今以上に不要なコメド(面胞)を作らないようにすることが治療のスタートです。ここではストレスや睡眠 ...
biyou.hatazou.com/450