ようこそ! 「にきびの予防と治療法」へ

良い睡眠でにきび予防

なぜ睡眠と肌状態と関係があるかというと、睡眠中に分泌されるホルモンの活動が盛んだからです。もう一つ睡眠で注意したいのは睡眠も規則正しいほうが肌にとっていい、ということです。バリア機能も回復し、肌のキメね整います。アロマオイルをたらして入浴したり、眠る前にストレッチをするなどリラックスして眠ると深い眠りにつくことができます。

できるだけ毎日きまった時間に眠るようにしましょう。眠ると成長ホルモン、プロラクチン、メラトニンといったホルモンが分泌されます。もちろん昼間も分泌されているのですが、夜のほうが多く分泌されるのです。にきびに限らず、睡眠と肌状態が関係が深いことはご存知の方が多いと思います。

よく聞く「ターンオーバー」という細胞の再生は私たちの身体の中でとぎれることなく続いているのです。たっぷりと睡眠をとったら次の日の朝、肌の調子がいいですよね。分泌されたホルモンによって細胞が分裂し、皮膚は再生します。

「寝る子は育つ」というのも夜成長ホルモンがたくさん分泌されるから成長する、ということです。そして睡眠をたっぷりとることで、ストレスの改善や角質層の水分量の増加などの効果があります。睡眠時間がたっぷりでも寝る時間がまちまちだったり、質のよい深い眠りでないと、ホルモンは十分に分泌されないのです。


良い睡眠でにきび予防の関連サイト・ブログを紹介します。

にきび(ニキビ)のくすり予防・対策 洗顔
正しい洗顔でにきび(ニキビ)を予防、自分で治療。 洗顔はにきび(ニキビ)治療に一番効果的な方法です。ですが、何回も洗顔すれば良い訳ではありません。 ... 睡眠不足 ホルモンバランス ストレス 紫外線 便秘 にきび(ニキビ)の予防・対策
www.fan.hi-ho.ne.jp/ayatan/prevent/wash.html

にきび跡にご用心!大人ニキビ治療法
... 身体的なバランスが崩れてくると、ホルモンも正常ではなくなってくるものです。 ですから、皮脂量を正常に保つためにも、適度な睡眠、規則正しい生活リズム、バランスを考えた食事、ストレスの解消などを考えてゆくのが良いでしょう。にきび予防には ...
nikibi.skoyaka.com

にきびの予防
にきびの予防 にきびとは、毛穴に皮脂が詰まり、塞がれた毛穴の中でアクネ菌が増え炎症を起こし ... を使い続けるのは避けた方が良いでしょう! また、乾燥肌や生理時また便秘が続くとにきびになりやすいので気をつけましょう!ストレスを溜めない十分な睡眠 ...
www.fkhey.info/nikibi